矯正歯科に行くときは慎重に歯科医院を選ぼう

治療の前に行うこと

痛がる男性

日本では認可されている薬剤が極端に少ないため、同じホワイトニング剤を使用するクリニックは多いものです。ホワイトニング専用の薬剤を塗り、レーザーなどを照射して歯を白くします。 歯科医院におけるホワイトニングは、まずカウンセリングから入ります。歯の着色度合いや歯そのものの状態を見たうえで、患者が希望する白さにするためのプランを練ります。腕のいい医師の場合、歯の状態に合わせた方法で希望する期間内で求める白さにすることができます。輝く白さにすることもできれば、ナチュラルな白さにとどめることも可能です。 一方で、未熟な医師の場合、必要期間があいまいですし、期限までに思ったほど白くならなかったというケースもあります。まずはカウンセリングで希望をしっかりと伝え、医師の反応を見てからそのクリニックにするかどうか見極めることが大切です。

ホワイトニングを受けた後、医師からは注意事項の説明があります。その中には、ホワイトニングの効果を長持ちさせるポイントが含まれています。一般的な食品の中でも、珈琲・紅茶・ワインなどの飲料は歯を着色しやすい成分が含まれています。そうした食品を避けることで、歯の着色は防げます。そのほかの注意事項も合わせて守ることでホワイトニングの白さを維持することができるのです。 いくら気を配っていても、残念ながら白くした歯は色戻りしてしまいます。そのため、定期的なホワイトニングをするほかありません。しかし、ホワイトニング後の歯であれば、歯のクリーニングも効果が期待できます。新しい着色であれば落とすことができるのです。クリーニングであれば、ホワイトニングより値段も下がるため、お財布にもやさしいのも魅力のひとつです。