矯正歯科に行くときは慎重に歯科医院を選ぼう

欠けた歯の治療

歯のレントゲンを見ている医師

歯科のインプラント治療は、骨に人工の歯根部であるフィクスチャートいう部分と、フィクスチャーと人工歯とをつなぐアバットメント(支台部)という部分からなります。歯肉の厚みや歯の位置や形状は、人によってそれぞれ異なっているわけですが、アバットメントにより、高さや角度に変化を付けることができ、それぞれの患者さんに合った人工歯を作ることが出来ます。以前はアバットメントとフィクスチャーが一体化したインプラントが使用されていました。これだと、手術で埋入してから安静期間を経て人工歯を取り付けていきますが、その期間、インプラントの頭部が歯肉からむき出しの状態になる為、感染症の危険が高いという問題がありました。そこで、インプラントのパーツを二つに分け歯科手術を2回に分けて行う2回法が開発されました。これにより、最初の手術でフィクスチャーを歯肉で覆ってしまう為、感染のリスクが少なくなりました。

現在、2回法を施術する歯科医が使用するインプラントは、フィクスチャーとアバットメントをネジで繋げる仕組みになっています。先ず、フィクスチャー頭の部分をいったん歯肉の下に埋めてしまいます。フィクスチャーを埋め込む手術の時、歯肉にフィクスチャーを埋め込む歯科手術の時、歯肉をフィクスチャーの頭に被せて縫合します。そして、上顎なら6ヶ月間、下顎なら3ヶ月待ち、レントゲンで骨とフィクスチャーが結合した事を確認したうえで、歯肉を切開してフィクスチャーの頭を露出させてからアバットメントを装着し人工歯を取り付けていきます。2回法は適応範囲が広いので、骨の量が不足している患者さんの場合でも、骨を足すなどの周辺治療が必要な事もありますが、その様な場合も2回法を適応します。